若年性乳がん 今までのこと、これからのこと

歯科衛生士として歯科医療に従事しています。仕事もプライベートも順調だった2013年05月。24歳で、まさかの乳がんを告知されました。

同年08月01日 左胸全摘 リンパ節郭清 。
トリポジです。stage Ⅱa。
抗がん剤治療(FEC、PTX)ハーセプチンを経て、現在はホルモン治療中です。

ピンクリボンアドバイザー 初級。

そして現在、再建が一段落しました。
今までのこと、これからのこと、そして愛犬トイプードルのことをつらつらと綴っていきたいと思います。

再建中の画像も載せているので、これから治療される方々の参考になれば。

ピンクリボンアドバイザー

みなさん ピンクリボンアドバイザーって資格 聞いたことありますか??



乳腺外科系の看護師さんならこの資格を知っている方、実際にこの資格を持っている方も多いのではないかと思います。


簡単に言うと、この資格は正しい乳がんの知識、治療の知識、検診の知識をもち、自分のため、他の人にために乳がん検診をすすめましょう!というような感じ。



わたしもネットでブログを徘徊している時に知りました。



乳がんになって、自分で理解して納得のいく治療をしよう!と思ってたくさん勉強したこの知識。

資格が取れるんだ!!ということに驚き、昨年早速試験を受けました♪♪


正しい知識を持つことって本当に大事ですよね。


資格を取ったからには正しい知識を他人へ広めることが重要だと思います。


北斗晶さんの乳がん報道のあと、


( 'ω'o[ がん ]o


というワードだけで周囲は、


抗がん剤、激痩せ、死、ステージで勝手に余命を決める、リンパ節転移はもぅやばい


と決めつけていることに気が付きました。


そして色々な憶測が飛び交っています。



乳がんでも、抗がん剤をやらなくて良いタイプもある。


激痩せじゃなくて、激太りすることもある。


ステージが高いからすぐに死んでしまう訳ではない。


ステージが下でも非浸潤でも、転移してる人もいる。ステージが上でも転移してない人はいる。


リンパ節転移、何個かにもよる。



よく知りもしないのに、てきと〜な事を言う人、本当に多すぎます!!←


テレビドラマでも、がんの場合はげろげろ吐くところ、絶対患者役は帽子かぶってる、いつも顔色が悪い、、、そんな所ばかりなので、間違ったイメージがついてしまう。


わたしも恥ずかしながらそんなイメージを持っていた1人だ。


こういうがんに対する間違ったイメージや、間違った知識を話す人たちに教えてあげるためにも、ピンクリボンアドバイザーの資格を持っていて良かったなあ。と思います。笑



正しい知識をもつためにも、ピンクリボンアドバイザーの資格おすすめです♪



ポチりお願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。